先輩社員紹介

true

<札幌三越>リビング

A ・ S

出身:人文学部・英米文化学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    百貨店での接客販売から、商品の展開提案、担当催事の企画運営など幅広く!

    現在、私はリビングフロアのアシスタントマネージャーをしています。
    店頭での接客販売はもちろん、各担当リーダーと力を合わせ、企画イベント、
    季節に合わせたディスプレイや商品の展開提案なども日々の重要な仕事です。
    また年に数回は、担当の大型催事の企画運営・広告制作といった業務もあります。
    たくさんの人と関わり協力し合い、一つの催事を成功させようと頑張れる環境があることも、
    この仕事の醍醐味だと感じています。
    リビングフロアは取扱いアイテムが多岐に渡るので、時にはお客さまのお宅にお伺いし
    商品のご提案やオーダー受注に携わることもあります。
    とにかく人と関わるのが好き・お客さまのライフスタイルを、自分たちの提案する商品でより豊かに楽しくしたい!という気持ちで仕事ができることは、とても面白いですね。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お客様に「あなたに相談して本当に良かった」とお褒めの言葉をいただいた

    まだ入社2年目の頃、この仕事に就いて一番最初にお客様に「あなたに相談して本当に良かったわ。ありがとう」という言葉をかけていただいたときのことは、今でも忘れません。ご友人のお嬢様へ、ご結婚のお祝い品を探されているお客様を接客したときのことです。手作り作家さんの食器か、ブランド食器のものかで悩まれており、お渡しされる方の年齢が私と近いとのことで、どちらが良いか・・とご相談されました。まだ商品知識も浅く未熟な私でしたが、「いただいた時の気持ち」に寄り添って、手作りの方をおすすめしました。すると後日、「世界にひとつの手作りの品、とっても喜んで気に入っていただけたの。おすすめしてくれてありがとう。」とわざわざ御礼に来てくださいました。お客様の言葉が日々の活力となり、この仕事の楽しさを覚えた瞬間でした。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    自社だけに留まらず、首都圏店舗や海外で学ぶチャンスのある環境が魅力的!

    就職活動中「地元・札幌で働きたい&接客販売がしたい」と考えていた中でこの会社に出会い、説明会を聞きに行きました。まず仕事内容や社風に魅力を感じましたが、それ以外で特に興味を持ったのが首都圏での研修や、海外視察の制度があったことでした。大好きな札幌で働きながら、首都圏のグループ企業で研修・出向の機会があったり、海外(主にアメリカ)の百貨店・小売業の視察研修に若手でもチャレンジできる制度があったりと、自分の知識を深めるため広く学ぶことができる会社はなかなかない!と思い、入社の決め手となりました(実際、入社7年目にアメリカ視察研修に参加しました)。また福利厚生面では、閑散期に長期休暇を取得して海外旅行ができたり、結婚・出産などのライフイベントをサポートしてくれる充実した制度も重要なポイントでした。

これまでのキャリア現在入社10年目
入社1年目~3年目:店頭接客販売(食器・家庭用品担当)
⇒入社4年目~6年目:店頭(タオルバス担当)+リーダー職
  入社7年目~:アシスタントセールスマネージャーとして勤務

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では自己分析や企業研究ももちろん大切だと思いますが、最終的に「自分がこの会社でいきいきと働いているイメージができるか?」私はそれを重要なポイントとしていました。就職活動を進める中で実際に企業の方にお会いするチャンスがあれば、どんどんお話を聞いてみてください。自分が自分らしくいられる環境は、仕事をする上でとても大事です。たくさんの人に出会い、「社会人として働くイメージ」を大切に、ぜひ自分に合ったお仕事を見つけてほしいと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • お客様に喜ばれるお買場づくり

    true

    札幌三越 紳士

    M ・ K
    商学部商学科 卒
  • 婦人服の買付、PB商品の計画・作成、担当ブランドのイベント企画立案

    true

    株式会社 三越伊勢丹 新宿婦人営業部 リスタイル(研修出向中)

    I  ・ K
    文学部文化総合学科 卒
  • 上質で洗練された雑貨の編集ゾーン 「Mエディット」で販売を担当

    true

    <札幌三越> 婦人YA Mエディット

    T ・ M
    経済学部 経済学科 卒
連絡先:
札幌市中央区南1条西1-8
011-205-1247(採用担当)