先輩社員紹介

true

株式会社 三越伊勢丹 新宿婦人営業部 リスタイル(研修出向中)

I  ・ K

出身:文学部文化総合学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    婦人服の買付、PB商品の計画・作成、担当ブランドのイベント企画立案

    基本業務は婦人服の買付です。展示会に同行し、前シーズンの売上を参考にオーダーを決めていきます。
    売れると見込んで多く仕入れた商品が実際にお客さまの支持を得た時や、担当ブランドを好きと言って下さるお客さまが増えてきた時に喜びを感じます。
    また最近は、プライベートブランドも担当しており、デザイン選び・生地選び・サンプルチェックなどをしています。
    モノづくりに一から関わることはとても大変ですが、その分様々な立場の人との関わりが出来たことで、洋服に対する見方が変わってきました。
    正当な価格で販売するの大切さを感じています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    自分が好きなブランドの、史上最大のイベントに関わることが出来たこと

    入社3年目の時、研修出向先の三越伊勢丹において、好きなブランドの史上最大のイベントに関わることが出来たことです。
    館として、一つのブランドで催事をおこなうこと自体も初めてで、その中でも私は主に食品の取扱い担当になりました。
    食品部門以外が、食品を取り扱うことは非常に審査も厳しく困難を極めるもので、最悪の場合展開出来ない状況でした。
    一つ一つのお取組み先から、「伊勢丹で商品を置いて貰えるのが嬉しい」とのお言葉を励みに、無事にイベントに間に合わせることが出来ました。
    イベント自体は大盛況で、6日間で8100万円の売上を作ることができ、何よりもお客さまがとても喜んで下さったことがとても嬉しかったです。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    現状よりももっと飛躍できる会社だと思ったから

    就職活動では、業種は絞らずに「ワクワクすることが出来るか」をポイントに会社選びをしていました。
    入社を決めた理由は、面接で自分の思いのままに話すことが出来たことと、現状よりももっと飛躍できる会社だと思ったからです。
    また、グループ会社への出向制度・転籍制度があることも、将来を考えた時に魅力的に感じました。
    入社3年目より、三越伊勢丹に研修出向しており、札幌では経験出来ないことにも関わらせて頂けて大変充実しております。

これまでのキャリア入社後 婦人服担当(2年間)
→3年目~三越伊勢丹に研修出向:婦人服アシスタントバイヤー(現職・今年で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

相手の立場になって物事を考え、些細な事でも一生懸命丁寧にやることが大切です。
仕事が雑な人とは一緒に仕事したくありません。
やりたいこと、好きなことは何でも主張すべきです。自分の中に収めていても伝わりません。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • お客様に喜ばれるお買場づくり

    true

    札幌三越 紳士

    M ・ K
    商学部商学科 卒
  • 百貨店での接客販売から、商品の展開提案、担当催事の企画運営など幅広く!

    true

    <札幌三越>リビング

    A ・ S
    人文学部・英米文化学科 卒
  • 上質で洗練された雑貨の編集ゾーン 「Mエディット」で販売を担当

    true

    <札幌三越> 婦人YA Mエディット

    T ・ M
    経済学部 経済学科 卒
連絡先:
札幌市中央区南1条西1-8
011-205-1247(採用担当)